健康なうちに配当付の生命保険に加入し、キャッシングの保険にしよう

小岩さん
0

私は身体を壊して休職したことが発端でキャッシングを利用することになりました。
最初は傷病手当を受けていましたが、期限を超えてしまったため支給を受けられなくなりました。
当時は復職するつもりでいましたので、預金を切り崩して耐えていました。しかし、生活費の他に税金や年金など天引き分を会社に支払う必要があり、預金が底をついてしまったため利用することになりました。

助かったことは、生命保険会社の定期保険の配当を前借するような契約のキャッシングであったことです。そのため金利が低く、月々返済する必要が無いため、復職してお金に余裕がでた段階で返済できることも助かります。
休職し収入が全くない状況でしたが、割と安心してキャッシングできます。
また、コンビニエンスストアなどのATMで利用できるのも便利です。
残念ながら復職がかないませんませんでしたが、定期保険の配当の範囲内でのキャッシングであるため、保険解約時に配当金で相殺できます。

定期的な収入があり月々の返済が可能な方以外は、保険会社系のキャッシングをお勧めします。金利はつきますが、月々定期的な返済が不要ですし、最悪の場合でも解約することで返済が可能なので一般の銀行系やローン会社系に比べて安心です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.florencefantasticfestival.com/mt-tb.cgi/9

コメントする

このブログ記事について

このページは、小岩さん2017年6月22日 21:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カードローンに申込んで生活が助かりました。」です。

次のブログ記事は「auスマホとauひかりのセット契約がお得です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。