葬儀費用が足りなくて借り入れしたこと

小岩さん
0

私の父親が葬儀となったときには、前もって準備する期間が全くなかったことから貯金などもほとんど無かったのです。考える時間も無く葬儀の準備に取りかかり一通り落ち着いてきた頃にはお金のことについて考えることになったのです。


葬儀費用は全て終わった段階で現金で支払うことになっているのですが、借入先が思いつかなかったので、消費者金融を利用したのです。以前に審査をしてもらったときに作ったローンカードがを所有しているので、このカードで借り入れる事ができる限度額まで借りたのです。


葬儀が終わってからも購入するものがいくつもあり、お金はどんどん減っていくのです。全ての作業が終わる頃には借り入れたお金もほとんど使っていました。


来月から支払い可能な額を返済することになりますが、分割払いなので生活にも支障がなく返済は大丈夫な範囲です。しかし、葬儀費用なんて前もって考えていなかったので焦りました。今後はある程度余裕をもてるように最低限の貯金をしていくように心がけようと思いました。

銀行系カードローンでキャッシング

私はそれまで消費者金融系カードローンでしかまだキャッシングをした事はありませんでした。しかしこの消費者金融系のカードローンは確かに使い勝手の面では優れているのですが、利子や限度額という点では銀行系カードローンに負けてしまっています。小額なら気になりませんが、大きな額をキャッシングしたいと思った時には結構差が出てしまうんですよね。

その時私は大きな金額の借入を希望していたので、思い切って銀行系カードローンに乗り換えようと考えました。最初は結構緊張しましたし、自分が審査が厳しいと言われている銀行系に通る事ができるのかと不安にも感じていました。

しかしやってみると意外に申し込みや手続きの類いは消費者金融系とそこまでかわりはなく、スムーズに審査までいきました。そして審査も1時間以内と言う思ったよりも早い時間で完了し、結果が無事に通っていました。意外にも銀行系カードローンもそこまで怖がる必要はないのかな?というのが感想です。

以下お金を借りる際の参考サイト

http://okane-kyosyujo.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.florencefantasticfestival.com/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、小岩さん2014年8月26日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キャッシング会社の会員サービス」です。

次のブログ記事は「絶対に親しい人にお金を借りてはいけない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。